2006年 01月 11日

引越し 18.1.11

沖縄に来てからのブログも満杯となりましたので引っ越します。
「美わしの琉球2」においで下さい。今後とも、沖縄の魅力を伝えられるように頑張りたいと思っています。
[PR]

# by grmay3 | 2006-01-11 22:22
2006年 01月 11日

南へ 17.1.3

d0028652_2156348.jpg

1月3日に山口の家から那覇の単身赴任先に帰った。山口の家は、東部の玖珂郡由宇町(くがぐんゆうちょう)にある、3月には市町村合併で岩国市となる予定だ。
写真は山陽本線由宇駅から数分の場所、神代港、瀬戸内海の小さな漁港です。

d0028652_21564382.jpg

今回、電車に乗車してすぐにカメラを構えたのは、周防大島にかかる大島大橋の写真が撮れると思ったからだ。

d0028652_21565330.jpg

この写真は、大畠駅から大島を見た写真。橋の下は潮流が早く、鯛の漁場として有名です。

d0028652_2157560.jpg

徳山駅でこだま号に乗換え、新山口駅でのぞみに乗換えた。これはのぞみの写真。

d0028652_21571510.jpg

博多駅から地下鉄で福岡空港までは5・6分と近い、2駅だ。この日は、新幹線の上りは1.5倍の乗車率。羽田へはもちろん、ほぼ全ての便の航空機が満席でした。
[PR]

# by grmay3 | 2006-01-11 22:15
2006年 01月 08日

せん 17.12.27

d0028652_2155771.jpg

戌年ということで、せんの写真を見てください。
犬や猫などのペットは人の心を癒してくれます。犬や猫は意識していないだろうけれども、その安心しきった寝顔はこちらまでゆったりさせてくれます。

d0028652_216851.jpg

ただ、この犬は寝相が悪い。ちょっと暑いと感じたら、この有様だ。

d0028652_2162319.jpg

寝ている向き違いの1枚。ここまで安心しきって寝ることができたら幸せだよね。もうちょっとしたら、頭が完全に床までずり落ちてきます。

d0028652_2153513.jpg

寝ている写真ばかりじゃかわいそうなので、けっこうかわいく写っている写真も1枚。
たまに帰ると、甘えてしばらくは、ほっといてくれないのがまたかわいいですね。
[PR]

# by grmay3 | 2006-01-08 21:22
2006年 01月 04日

我が町の橋 17.12.29

d0028652_2140259.jpg

新年おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
今年は戌年、我が家の「せん」は10月に5才になります。まだまだ甘えん坊の子供です。

d0028652_21403477.jpg

私の家のある、山口県由宇町の由宇川に橋の写真を撮りに行った。せんは寒中水泳中。
私は次の日から風邪をひいてしまいました。

d0028652_21404314.jpg

橋を額縁にしての写真。なんと由宇町の鳥は「かわせみ」だそうだ。どこかにいるんだね。
[PR]

# by grmay3 | 2006-01-04 21:50
2005年 12月 25日

瀬長島 17.12.18

d0028652_21433547.jpg

1月3日まで長い休みを貰って山口の家に帰っています。沖縄も22日には気温が10度まで下がって寒かったのですが、こっちは氷点下の気温に雪が降っていて空気が冷たい~です。
瀬長島から着陸寸前の飛行機。家並みなどから日本じゃないみたいでしょ。

d0028652_21172252.jpg

この写真は、瀬長島の入口の南側(瀬長島は本島から道路で繋がっているので島という感じはしない。)で遊んでいた子供達。南側の対岸にはゴルフ場がある。

d0028652_21173842.jpg

今日はウィンドにきたのだが、風・波ともすごかったのでやめて写真を撮っている。橋の写真を撮りたいと思っていたのだが、なかなか時間がとれない。で、これは橋・・・じゃあないよね。航空機の誘導標識だ。でも、まあいいかで写した。
[PR]

# by grmay3 | 2005-12-25 21:48
2005年 12月 18日

那覇の11月 17.11.3/5/19

d0028652_2216871.jpg

瀬長島の夕日。那覇の西の沖に慶良間(ケラマ)諸島があって、夏場はその北側の海に太陽は沈むのだが、冬場になるとどんどん」西から南へ移動してこの時期は慶良間諸島の南に沈む。この写真も夏場と反対側の瀬長島の南側で写した。

d0028652_22163950.jpg

瀬長島は、那覇空港の南西に位置している。冬になると北からの季節風が吹くので、飛行機はその北風に向って着陸してくる。この写真は、これから離陸する飛行機。

d0028652_22165371.jpg

ホウオウボクだ。8月20日に撮った写真の赤い花。いつのまにか、立派な実を着けていました。

d0028652_22171088.jpg

沖縄は南国だけあって、けっこう立派なサボテンを見かける。このサボテンも立派な花が咲きそうでしたが、その花の写真はありません。残念。

d0028652_22172040.jpg

プレメリア、街路樹として植えてある。車で信号待ちの時、あわててカメラを取り出して1枚写した。この花も南国のイメージが強く好きな花ですが、すぐ大きくなります。昔、家の外で越冬を試みましたが、枯らしてしまいました。
[PR]

# by grmay3 | 2005-12-18 22:42
2005年 12月 11日

せん 17.12.3

d0028652_20304733.jpg

先週末は久しぶりに家に帰ってきました。今日まで、ちょっと忙しくて写真も整理できていません。
ということで、今日は2枚だけ。この写真は、「せん」と近所の「太郎」です。太郎はせんのおじさんにあたります。
d0028652_203110100.jpg

山口で寒さに耐えられない!?ぷっ(^^)とゲンさんに笑われましたが、山口は雪で気温差-15℃の世界でした。やっぱり寒かった。この写真は、年賀状用の写真を撮りに(来年は戌年)近所の海岸に行った時の一枚です。
この日、沖縄は気温15度で寒かったらしいが、山口から那覇空港に降り立った時は気温16度だったけれど、風が暖かく感じました。お~沖縄はやっぱり南国だわ。
[PR]

# by grmay3 | 2005-12-11 21:07
2005年 12月 01日

喜屋武岬 17.10.1

d0028652_2273739.jpg

10月1日、何号か忘れたが台風が近づいていたので、荒れた海の写真を撮りに、沖縄の南西端にある喜屋武岬に行くことにした。
この写真はいつも行く、那覇空港の南にある瀬長島の写真だ。ここは西海岸で、リーフに守られかつ波が直接押し寄せないため、台風の影響は感じられなかった。

d0028652_227569.jpg

喜屋武岬より西にある具志川城跡の下の海岸で撮った写真。南東からの波浪は、やはり台風の影響で荒れていました。

d0028652_228122.jpg

シーサーの口のような岩があったので写した。波のタイミングは取りにくかったです。

d0028652_2284312.jpg

具志川城跡から1kmちょっと北側に喜屋武の集落がある。魔よけの石敢當から通りを望む。

d0028652_2285668.jpg

あかがあらに白い漆くいの屋根、手前にブーゲンビリアの花。いいよねえ。

d0028652_22995.jpg

ぐっとカメラを上に振って、秋を感じるようになった空を入れて撮った。
週末、山口に帰ります。寒さに耐えられない身体になったかも・・・心配です。
[PR]

# by grmay3 | 2005-12-01 22:41
2005年 11月 26日

サトウキビの花 17.11.26

d0028652_22222479.jpg

今日の那覇は南南西の微風の穏やかな天気、気温は25度を超えた。ここしばらく天候不順で雨が多く、気温も20℃前後で肌寒かったのでやっと沖縄らしい天気の1日でした。
今日は、サトウキビの花が咲き出したので撮りに行ってきた。

d0028652_22224491.jpg

サトウキビの花(穂)はすすきに似ているが、ススキと違って倒れず直立というところが違う。
サトウキビは4~5mの高さになるので、普通だと下からの写真になる。なんとか上から撮れる場所を探して写していたら鳥さんが来た。ラッキーでズームでこの写真。右上の電柱がじゃまだねえ。

d0028652_22225925.jpg

花の部分だけじゃサトウキビとは判らないだろうから下の方の写真です。

d0028652_22231977.jpg

帰りも別な道を選んでいい場所を探していたら、道路の下にある畑と遭遇。ちょうど目の高さが花の部分となっている。でこの写真、写真の出来は別にして簡単に撮れそうで撮れない写真です。

d0028652_22232942.jpg

この写真も普通であれば大型の脚立が必要な構図、あちこちさまよったかいがありました。
[PR]

# by grmay3 | 2005-11-26 22:45
2005年 11月 19日

竹富島2 17.9.25

d0028652_2125056.jpg

竹富島の水牛車は、1kmちょっとの距離のコースを30分くらい(水牛が疲れたり、気分しだいで長くなるときもあるそうだ。)で周遊する。水牛はちゃんとコースを覚えていて、指示されなくても自分でコーナーも曲がっていく。由布島でもそうだったが、最後の締めはガイドさんが歌ってくれる「安里屋ユンタ」です。

d0028652_21251622.jpg

ハイビスカスとあかがあら、よく似合います。

d0028652_21253967.jpg

舗装されていない白砂の道とハイビスカスの石垣がなんともいえません。

d0028652_21262732.jpg

石垣島から離島へは高速船で渡りますが、この高速船が早いこと、写真の船の作る波の高さで判るとおり、爆走します。石垣への帰りの船も速かったですね。

d0028652_21264436.jpg

夕方、帰りの飛行機に乗り込む前に写したターミナル。ローカル空港も味があります。

d0028652_2127084.jpg

離陸直後、石垣島の先に竹富島、小浜島、西表島が見える。充実した3日間でした。
[PR]

# by grmay3 | 2005-11-19 21:58